講義関連

Home (Japanese) , Home (English)

 

改訂:2017/11/07

 

テキストのダウンロード(パスワードだけ入れてください)

ここから

 

bullet生体センシング特論の今後の予定

 

古典的心理物理実験法3                      1128日(火曜2時限目第三講義室)

信号検出理論 → 信号検出理論+課題提示         1130日(最終回)

          127日は休講

まとめと課題(演習)     →    なし (当初演習を予定していましたが、レポートだけにします)

 

           秋2期授業の「感覚情報処理特論」は1214日から

 

 

bullet信号処理( 後期:工学部IV系学部3年生対象)

1回 信号処理とは
2回 信号処理の例
3回 数学的準備
4回 フーリエ級数展開
5回 離散フーリエ変換と高速フーリエ変換
6回 フーリエ変換1
7回 フーリエ変換2(レポート課題1)
8回 フーリエ変換の応用
9回 線形システムの解析
10回 z変換
11回 離散システムの解析
12回 サンプリングと窓 (レポート課題2)
13回 フィルタ
14回 ディジタルフィルタ
15回  期末試験(筆記用具のみ持ち込み可,レポート2提出最終日(レポート1も受け付ける)) 

<成績評価>

期末試験とレポート(2回を予定)により、目標達成度を評価する.合計点を100点満点換算して(試験:レポート1:レポート2=4:1:1の割合),60点 以上を合格とし,60点以上69点までをC,70点以上79点までをB,80点以上89点までをA,90以上をSとする.

<教科書>

  教科書 は,浜田望,よくわかる信号処理,オーム社を使います。第10回目のz変換から使います。前半は以下の参考書に基づいて講義をしますが,講義の中で詳しく説明しますので ,以下の参考書については購入する必要は必ずしもありません。

<参考書>

  雨宮好文 監修/佐藤幸男 著,信号処理入門,オーム社   野村由司彦,図解 情報処理入門,三ツ星出版

    

bullet基礎セミナーB(後期:1年生対象)

 

bulletアクチュエータ工学( 前期:工学部IV系学部4年生対象)

                        1回目 はじめに

                        2回目 電磁モータの基礎

                        3回目 球面電磁アクチュエータ

                        4回目 レポート1回目(電磁モータの設計)

                        5回目 静電アクチュエータ

                        6回目 レポート1回目( 静電モータの設計)液体圧アクチュエータ

                        7回目 液体圧アクチュエータ

                        8回目 メカノ・ケミカル・アクチュエータ

                        9回目 圧電アクチュエータ

                        10回目 レポート3回目(圧電アクチュエータの設計)

                        11回目 機能性流体応用アクチュエータ

                        12回目 形状記憶合金アクチュエータ

                        13回目 超音波モータレポート4回目(超音波モータの設計)

                        14回目 アクチュエータの制御理論と加工法

             15回目 レポート5回目(まとめ・アンケート)

 

l